RAYGING BLUE SAMPLE
開発中の実験サンプルを置いておきます。
予め断っておきますが、このクオリティでRGBが動くことは無いです。
(動くけどゲームが出来るほどのスピードじゃないって意味)

 

MMXによる半透明エフェクト
MMX Alpha Blending Effect

※本当はこのクオリティでゲームを動かしていたんですが…
DirectDrawの速度的な問題と俺のスキルの問題で、
ちょっと実現できなかったです。
まぁ、半透明を使いたかったらおとなしくDirect3Dをやれよって感じですね;
現在のRGBではそれでもまだ半透明を使いたくて、
インターレース表示にして無理やり
擬似半透明を行ってます。
MMXの半透明のほうが全然綺麗だけど。
半透明を使用したゲームグラフィックは”OVERRAY(仮)”でやります。